受給学生からのメッセージ

 受給学生からのメッセージ一覧

自然科学研究科・物質化学専攻

1年 石井 健斗

 留学先で学んだことは、勉学に対して高い意欲を持つべきであること。
そして、私達の英語力はまだまだ低いので、もっと語学に励み、特にアウトプットにおいての練習をするべきであることである。
これらを踏まえて、私は現在時間を浪費しないように、空き時間は勉学に励んでいる。
勉学は語学のみでなく、知識量でも世界の環境問題に貢献できるように、自分の研究テーマについての考察を深めている。

(基金ニュース No.108より)

人間社会学域人文学類

特別聴講学生 禹 義謀(う ぎぼう)

 中国からの留学生 禹義謀と申します。現在、金沢大学で日本地理について研究しています。日本における地誌学的な視点を北陸および金沢を事例にして勉強するとともにグローバル化などに伴う地域の変化について、経済・社会の変動を中心に考察しています。北陸地域を事例に様々な空間的スケールを用いた「地域へのまなざし」を学び、地域を多面的に把握する見方・考え方を磨いています。金沢大学基金から奨学金をいただいたお陰で、家族の経済的負担を軽減することができたので安心して一生懸命研究をすることができます。皆様に心から感謝いたします。

(基金ニュース No.107より)

ページの先頭に戻る↑