受給学生からのメッセージ

 受給学生からのメッセージ一覧

人間社会学域人文学類 言語文化学コース

3年 小林 鮎美

 私は、今まで挑戦することを怖れていました。しかし、短期留学を経て、新鮮な日々を過ごすということが、どれだけ楽しい事か分かりました。これをきっかけに、今後も新しいことに前向きに挑戦していきたいと思います。
 何かに挑戦する際、折角決心することができても、お金がネックとなり、諦めざるを得ない人もいます。しかし、今回奨学金のおかげで、私は金銭面での不安はありませんでした。貴重な体験をすることができたことを、心から感謝いたします。ありがとうございました。

(基金ニュース No.104より)

人間社会環境研究科 博士前期課程 国際学専攻

1年 倪 雲(ゲイ ウン)

 中国から参りました留学生の 倪 雲と申します。
現在、金沢大学人間社会環境研究科国際学専攻にて、日本語教育に関する研究を行っています。具体的には、「日本語学習者コーパス」から見た中国人日本語学習者における日本語の「取り立て助詞」の使用状況を把握し、特に「だけ」と「しか」の使用にあたる問題点の改善に取り組んでいます。
金沢大学の皆様からいただいた「SAKIGAKE奨学金」を研究資料の購入と学会参加の交通費として使わせていただきました。そのおかげで、アルバイトもせず、研究に専念している私にとって大変役に立ちました。
この研究に専念できる機会を与えてくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。

(基金ニュース No.103より)

ページの先頭に戻る↑