受給学生からのメッセージ

 受給学生からのメッセージ一覧

人間社会環境研究科 国際学専攻

1年 室谷 颯花

 私は昨年8月(国際学類4年時)、中米ホンジュラスでの文化資源学インターンシップに参加しました。古代マヤ文明遺跡の文化財としての利活用の実態を様々な施設を訪問して学び、さらに現地の博物館で日本文化を紹介する展示室も製作しました。大学で学芸員資格取得過程に取り組んできましたが、実際に展覧会を作るという作業を経験できる機会は非常に貴重なものです。それを海外で経験できるこの上ないチャンスを、基金の奨学金がなければ逃してしまっていたかもしれません。皆様のご寄付に心より感謝申し上げます。

(基金ニュース No.100より)

理工学域 機械工学類

4年 小長谷 敦士

 私は昨年8月(3年生)、トロントに4週間の語学研修に参加しました。本場の英語に触れることで、コミュニケーションツールとしての英語のスキルを向上させたいと考え、参加を決めました。様々な生い立ち、国籍、年齢、目的を持つ方々との生活は、価値観や多様性を学ぶ良い機会にもなりました。異文化コミュニケーションを通じて、視野の広がりを実感しました。このような貴重な機会を与えてくださり、ご支援いただきました皆様には心より感謝申し上げます。

(基金ニュース No.99より)

ページの先頭に戻る↑