受給学生からのメッセージ

 受給学生からのメッセージ一覧

人間社会学域 地域創造学類

3年 鎌田 能生

「アルカラ大学附属アルカリンガ 語学スペイン語・スペイン文化体験プログラム」

 今回のスペイン語学研修(2020/3/1~3/17)は、コロナウイルスの影響で例年行っている課外活動の多くが行えなくなったうえに、予定より一週間ほど早く帰国することになってしまい、残念な思いをした反面、グローバル化が進み、国境を越えたヒト・モノ・金の移動が簡単になったことによって引き起こされるリスクを身をもって体感することが出来ました。
 今回はウイルスでしたが、他にも世界規模で発生している問題はたくさんあります。
全世界が協力してそれらに立ち向かうことが必要な時代なのだと強く感じました。
 これらの大切なことを学ぶことが出来、この研修に参加できて本当に良かったと感じます。
本当にありがとうございました。

(基金ニュース No.123より)

人間社会学域 経済学類

2年 大久保 風香

「石川県ユネスコ協会主催 ベトナム・カンボジア スタディツアー(2019夏)」

 私は、今回の海外研修でベトナムとカンボジアに行かせていただき、今まで気づけなかった2国の良さに改めて気づくことができました。
ベトナムは自分が想像していたよりも経済が発展しており、高層ビルも建ち並んでいてこれからのさらなる発展がとても楽しみに思いました。
また、カンボジアは料理がとてもおいしく、何より人々との優しさに感動しました。
 今回、ベトナムとカンボジアへ研修に行くに当たって、奨学金の寄付をしてくださった方へ心より感謝いたします。

(基金ニュース No.122より)

ページの先頭に戻る↑